バイナリーオプション 危険

手軽なことで人気のあるバイナリーオプションですが、その危険についても理解しておく必要があります。まず、バイナリーオプションは「High」か「Low」かを選ぶだけなので単純に勝率は5割と思ってしまうと危険です。なぜなら勝った時の払い戻し金からはバイナリーオプションを提供している会社への手数料が差し引かれるからです。ですからバイナリーオプションで利益を出すには55~60%の勝率が必要と言われています。実際にバイナリーオプションで利益を得ている人は2割程度と言われており、危険なことが伺えます。

また、ギャンブル感覚でやってしまうと、感情的に負け続きでも止められなくなるという危険もあります。このように、バイナリーオプションはギャンブル性が高く危険ということで2013年に日本では規制が入りました。これによりバイナリーオプション業者は、金融商品取引法によって海外業者も含め金商品取引業の登録が義務付けられました。とはいえ、金融庁が海外業者を取り締まる権限がないため実情は把握しきれません。バイナリーオプション危険を把握しないまま海外業者と取引をし、出金拒否などのトラブルに巻き込まれるということにもなりかねません。それ以外にも、バイナリーオプション取引業者のウェブサイト上でデポジットボタンをクリックするよう誘導され、後で高額のデポジットを請求されるという例もあります。

このように、バイナリーオプション危険は様々ですが、取引される方は危険をしっかりと把握し外国通貨取引の知識を持ってから始められると良いでしょう。

 

より多くを探す:バイナリーオプション

より多くを探す:24-Option